スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京五輪2020開催決定に対して(妄想爆発)

まずは・・・

東京オリンピック2020年開催決定おめでとうございます。

良いニュースには素直に喜びましょう。
私が生きている(だろう)間に、夏のオリンピック(しかも東京)が見れるなんて思ってもみませんでした。いや、本当に…その頃にはせめて結婚していたいな(願望低!)

さて、せっかく東京でオリンピックをやるのだから日本らしさをアピールするべきだと思うんですよね。

そこで私は考えた!完全に妄想です!!

開会式もしくは閉会式の生演奏に
現役中高生吹奏楽の演奏を起用してみてはどうかと!


日本における吹奏楽は、恐ろしく盛んですしコンクールも白熱しています。
特に中学や高校の吹奏楽部は、青春をすべて出し切りコンクールや演奏会に打ち込みますのでいつ見てもすごくかっこいいし感動します。
この感動をすべてのお茶の間へ出す機会を持つべきだと思うのです。

そして、もう妄想でしかないので全部書きます。
中高生吹奏楽の演奏と言いましたが、合同バンドではダメだと思います。この世界は、共に努力を積み重ねた仲間同士で演奏するのが一番かっこよくなると思いますので・・・
だから選考方法は、前年の吹奏楽コンクールなんてどうでしょう?
全日本吹奏楽コンクールの審査員の一部にオリンピック関連者を交え、どの中学・高校にオリンピックで演奏してほしいかも審査していくという。
そしたら、その年の吹奏楽コンクールは盛り上がるのではないでしょうか?テレビでだって放送するでしょうし、吹奏楽の実際も知らせるいい機会になるでしょう。
普通、こういうことをするならば別に「オーディション」を開催するべきだとは思うのですが、僕はあえて吹奏楽コンクールではどうかと思ってます。吹奏楽コンクールは上記にも言ったように青春のすべてを懸けて中高生が打ち込む大会ですから、やはりそこで見るほうが圧倒的に各学校の魅力も伝わるのではないでしょうかね。コンクールがすべてではないのはもちろん承知していますが、ここは妄想なので…
話は続けますが、中高生がオリンピックで演奏にすることでまだ小さい子供もその姿を見てやりたいなと思うでしょうし、その結果音楽人口がますます増えたらいいなと思ったりもします。
もし、オリンピックで演奏できる権利なんて得ようものなら、一生に一度以上の宝物になりますしそのためにたゆまぬ努力もするでしょう。その姿に、少なくとも日本中が感動するのではないのかな?とか思いました。



と、以上こんな感じだとどうだろうか?と思いました。ただ今のテンションだけで記事を書いてますがこんな妄想もありかなと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 音楽
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

レティ

Author:レティ
フルートとか吹奏楽とか気がついたことを書いてます。
フルート:F-9700RBE/PM(Pearl)VC頭部管14K金ライザー
ピッコロ:205EVR(TAKEZAWA)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
お問い合わせやメッセージどうぞ
こちらから当ブログへの問合せができます。コメントで書きにくいことやメッセージを送りたい方どうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。