スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

楽器を吹くための息

今日は「息について」です。
楽器を吹く息というのは、普通の呼吸と違います。
普通の呼吸というのは、横隔膜を下げたり胸郭をひろがたりすることによって肺に空気を入れた状態にし、そのあとは横隔膜を弛緩させたり胸郭の緊張を和らげたりすることによって自然に吐き出すというより出てくるのが「呼吸」というものです。
しかし、楽器を吹くときにはその横隔膜や胸郭の緊張が取れた時に出る息では弱すぎて音が鳴らないのです。

では、楽器を吹く息というのはどういうことなのでしょうか?
一番、わかり易いのはケーキのろうそくを消すときに吹く息が一番近いと思います。
思いっきり吸って腹に力を込めて吹き消しますよね。そう、その息が楽器を吹く息に近いのです。
但し、その吹き方ではもって2秒といったところでしょうか。まぁ、強弱記号で言えばfffみたいな息ですからそうなるのですけど、楽器を吹くときはそういう息を支えるのです。

楽器を吹くとき、よく腹式呼吸を意識しなさいと言われます。
これは、私から言えば半分間違っています。ちなみに腹式呼吸とは横隔膜に力を入れて息を吸い弛緩させて吐き出すことです。対比される胸式呼吸というのは、胸郭を広げてあとは力を抜いて自然に吐き出すことをさします。
しかし、楽器を吹くときの呼吸というのは、このどちらでもありません。だって、どちらも吐き出すときに力が入ってないではないですか。
なので、楽器を吹くときの息は「支える息」だと私は考えています。
「支える息」とは、大きく吸った息を横隔膜と胸郭を力でコントロールし吹き出す息です。呼吸法としては、胸式も複式も同時に存在しうるはずです。腹式呼吸の方が胸式と比較していっぱい吸えるから腹式呼吸を意識しろとよく言われるのです。
しかし、本当に私が考える楽器において大切なことは「吐く(吹く)息を支えている」ことです。
なので、楽器においての息は、吸うことより吹くことが大切なのではないかと。

息の吹き方ひとつで楽器は鳴り方が変わります。だから私は、いつも息に気をつけて楽器を吹くようにしています。

長くなってしまったのでこのエントリーはここで切りますが、次回は息の支え方を考察しています。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

レティ

Author:レティ
フルートとか吹奏楽とか気がついたことを書いてます。
フルート:F-9700RBE/PM(Pearl)VC頭部管14K金ライザー
ピッコロ:205EVR(TAKEZAWA)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
お問い合わせやメッセージどうぞ
こちらから当ブログへの問合せができます。コメントで書きにくいことやメッセージを送りたい方どうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。