スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「支える息」とは・・・

皆様、こんにちは。
昨日、無事D@E管弦楽団の演奏会を終えることができました。
自分自身としてはオーケストラを経験することでひとつステップアップにつながったと思っています。


さて、ブログエントリーになりますが・・・

支える息」とは何か?
先日のエントリーで横隔膜と胸郭を力でコントロールをしている息だと書きました。
理論だけを垂れても実践できなければ意味はないので私の考える息のコントロールについて書きたいと思います。

普段息を吐くとき、お腹(横隔膜や胸郭)に力は入れません。自然に、肺の弾性力で気道をとおり排出されます。
しかし、楽器を吹くときはこれを意図的に「腹を使って」吹き出すのです。
前回のエントリーでロウソクを吹き消すような息と例えましたが、それを持続させる技術が「楽器を吹く」技術になるのです。
ロウソクを吹き消す息は、全力で吸って全力で「腹を凹ませて」吐き出します。このとき、横隔膜は弛緩してるのではなく、吸う方向とは逆の力を与えて吐き出す手伝いをしています。結果的に、強烈な息による風を起こすのです。

では、楽器を吹くときにはこれをどうするかというと息を吸うときは「腹を膨らませるつもり」で息を吸い、吹くときは「腹を凹ませないように」息を吹き出すのです。文字だけで見るとそれはおかしいと思われますが、実際に吹いてる人はそれをやっている(はず)です。
この間、横隔膜は絶えず緊張しているはずです。そして、この状態で吐き出される息は肺内が最大容積でちょっとずつ小さな気道を通って口から出てくるのです。
ちょっと難しい話でありますが、容積の大きな入れ物から狭い道を通って「流体(息)」が出てくると圧縮された強い息を出すことができるのです。
これが私は「支える息」の正体ではないかと思います。
実際に、このような息で楽器をしっかり吹くと響きは損なわれず、たとえppでも遠くまで通る音が出ていると思います。


楽器をやり始めたときに意識しなくても、音を出せるように努力する結果上記のようなやり方をなんとなく身につけているでしょう。更に、息のコントロールを意識するようになったとき「支える息」を作れるようになるのではないかと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

レティ

Author:レティ
フルートとか吹奏楽とか気がついたことを書いてます。
フルート:F-9700RBE/PM(Pearl)VC頭部管14K金ライザー
ピッコロ:205EVR(TAKEZAWA)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
お問い合わせやメッセージどうぞ
こちらから当ブログへの問合せができます。コメントで書きにくいことやメッセージを送りたい方どうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。