FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピッコロの練習-音の間隔-

今日は、練習記のようなものですが書いておこうと思います。

次の演奏会では、私はピッコロ9:フルート1くらいの割合でピッコロを受け持っています。
先に言っておきますが、私はピッコロ苦手です(嫌いではないです)。。。
ですが、他に持ってる方が休団してたりして今回ピッコロ持ちは私だけですので必然的にそうなってしまって・・・
ちょっと愚痴でした。


・・・いやいや、記事はまだ終わりませんよ!

ピッコロは非常に音程が変わりやすい楽器です。少し気を抜くとあっという間に音程が悲惨なことに・・・
合奏中は、周りの音を常に気にしてずれたら即修正してます。外気温の変化や吹き込みですぐに管のピッチが変わってしまうので正直、最初にチューニングしても気休めにしかなりません。
なので、常に周りを聞くというのが重要になっていきます。周りがずれていってもそれに合わせるだけです。

個人練習のときは、周りの音はありませんのでA=442Hzはあまり意識していません。
一番気をつけるのは旋律上で明らかに音の間隔が広すぎたり狭すぎたりを感じたときに修正していくことが大切になっていきます。
つまりは、相対音感に類する能力が一番大切なのではないかと思います。A=442Hzの平均律を完璧に吹くことができる(出来る人はいるでしょうけど)よりも、ある基準音からしっかり「ドレミファソラシド」の間隔を取れることのほうが重要なのではないかと思います。
ですので、私がピッコロの練習をするときは指の練習というより音の間隔を掴む練習をしています。

指の練習だけなら同じ譜面をフルートで練習します。
キーが重い分フルートでしっかり吹ければ基本的にピッコロも同じですから。
息の使用量もフルートのほうが多いですから単純に譜面をさらうだけならフルートで練習します。

ピッコロで練習するのは音の間隔だけではないですが、ひとつ大切なことだと私は思っています。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

レティ

Author:レティ
フルートとか吹奏楽とか気がついたことを書いてます。
フルート:F-9700RBE/PM(Pearl)VC頭部管14K金ライザー
ピッコロ:205EVR(TAKEZAWA)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
お問い合わせやメッセージどうぞ
こちらから当ブログへの問合せができます。コメントで書きにくいことやメッセージを送りたい方どうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。