FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フルート吹きがヴィヴラートをちゃんとかけられる環境

本番がまた近づいてきて、「ヴィヴラートについて」ちょっと思ったことを今回は書いていこうと思います。

最初に、ヴィヴラートについてちょっと自分の考えを書くと・・・
ヴィヴラートはフルート奏法においてはとても重要で表現力を高めるものだと思います。
フルートでヴィヴラートを使う方にはわかるとは思いますが、フルートにおいてヴィヴラートは単なる音のゆらぎ以上の効果があります。
ヴィヴラートをかけることで、フルートの響きが更に増しフルートの音そのものを更に存在感あるものになるのです。
フルート協奏曲においては、奏者がビブラートを一切使わない演奏をするといったことはほぼないのかな?と思います。

さて、そんなヴィヴラートですが、合奏では使いどころに困ることがあります。
例えば、クラリネットとのユニゾン(クラシックなクラリネットは基本的にヴィヴラートはかけません)金管楽器(一部はヴィヴラートをかける楽器はありますが基本的にまっすぐな音)と合わせるときです。
私の場合、本番指揮者に「そこはヴィヴラートをかけないで」と言われない限り、ヴィヴラートをかけます。
音程がビッチリ合っていることによるハーモニー効果がある場合は、かけないこともありますが、基本的にはハーモニーを構成する場合でもヴィヴラートをかけているのは、「フルートの音の存在感」を大切にしたいと思うからであります。

上記を踏まえ、タイトルのことになりますが、フルート吹きがヴィヴラートをちゃんとかけられる環境というのは、勝手にフルートのみが気持ちよくヴィヴラートをかけるのではなく、周りの楽器がそれぞれ正しい仕事をしている場合に限るのです。
低音楽器やクラリネットがしっかりハーモニーやベースを作ってくれているときだからこそ、フルートは安心してヴィヴラートをかけることができます。
そういう基礎がしっかりしている場合、フルートはむしろヴィヴラートをかけることでフルートのハーモニーへの参加がむしろやりやすくなる気がします

ヴィヴラートを上手に操れるフルート奏者が、ソロ以外でもヴィヴラートをかけずに演奏している場合、大抵は遠慮している状態であったり、ハーモニーが定まっていないために自分がハーモニーを形成する必要があると判断している場合ではないかと思います。

私は、フルート側でありますので他の楽器の方にお願いするというわけではありませんが、フルートがヴィヴラートという個性を捨ててまでハーモニーの形成を優先させているということがあったら少し耳を傾けていただけるともっとフルートのみならず全体のバランスが良くなるのかもしれません・・・
スポンサーサイト

テーマ : 楽器
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

レティ

Author:レティ
フルートとか吹奏楽とか気がついたことを書いてます。
フルート:F-9700RBE/PM(Pearl)VC頭部管14K金ライザー
ピッコロ:205EVR(TAKEZAWA)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
お問い合わせやメッセージどうぞ
こちらから当ブログへの問合せができます。コメントで書きにくいことやメッセージを送りたい方どうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。