スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あー無理むり!ムリだって!!

フルート奏者って難儀なもんですよね・・・
高音域でめちゃくちゃ早いパッセージやらされたり、一番低いド(Low-C)をいきなりffで出せって言われたり、ppでHiGやFisを吹けとか・・・

まー・・・それは、本人の努力でなんとかなるんですけど・・・


でも、本人の努力でなんとかならないところはどうしようって話です。


なんのことか?と問われますと、ピッコロでLow-Cを出せと書いてある譜面に出会ったわけです(笑)
私のピッコロは、Dまでしか出ません。
いや、Low-Cが出せるピッコロも確かにあるけど・・・一般的じゃないよね。

これはさて、どうするか?ってところですが隣の人にフルートで吹いてもらうくらいしか方法はないよね・・と。

まぁ、ソロじゃないからごまかして終わりそうですが!(笑)


ちなみに、それはR.シュトラウスの「ばらの騎士」に出てきてます。
もし、演奏するとなったらそんなこともあるんだなと思うのでした。
スポンサーサイト

テーマ : 楽器
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

レティ

Author:レティ
フルートとか吹奏楽とか気がついたことを書いてます。
フルート:F-9700RBE/PM(Pearl)VC頭部管14K金ライザー
ピッコロ:205EVR(TAKEZAWA)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
お問い合わせやメッセージどうぞ
こちらから当ブログへの問合せができます。コメントで書きにくいことやメッセージを送りたい方どうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。