FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピッコロの試奏とダブルケース

本日は、仕事が休みだったので山野楽器銀座本店へ行ってきました。

山野楽器が、新装キャンペーンということもありちょっと行ってみたくおもいどうせなら空いている平日の方がということで行ってきました。

最初の目的は、ピッコロの頭部管を変えられたら変えたいなと思い楽器持参できたのですが・・・

どうやらTAKEZAWAさんのピッコロは、頭部管接続部がだいぶ太いため他社の頭部管がまったく入りませんでした

頭部管だけ変えて、高音域のコントロールが難しい楽器をなんとかしたいという思いがここで崩れてしまいました・・・


あ、一応弁明しときますけど、TAKEZAWAさんのピッコロは非常に響きがよいのです。
今日試奏したどのピッコロよりもTAKEZAWAさんのピッコロの方が響きがいいのです。ちょっと和笛に近い音色なのですが、私はその響きが気に入って半年待って購入したのでした。

だから、本当はこの楽器をずっと使っていきたいと思ったのですが・・・高音域のコントロールがとても難しく、特にHiG,Gis,Aは気をつけてても外すことがあるのです。頭部管を変えることでその悩みが解消されるかもしれない。と思って行ってみたのですがダメでした。

店員さんに、普通にピッコロの試奏してみますか?と言われたので喜んで試奏させてもらいました。

最初に2機種、フィリップハンミッヒバーカートのピッコロを試奏しました。
ハンミッヒはさすがというか、高音低音バランスよく音が出ました。音程はピッコロらしい傾き方してましたが・・・
バーカートは中音、高音はピッチも出しやすさもよかったですね。ウェーブよりストレートのほうが好みでした。

一応、この辺の楽器の価格帯は覚えていたので「これは買えないなぁ」と伝えたら・・・
今度は、YAMAHA+FINDAスペシャルなるものを出してくれました。
この組み合わせは、ブログ友のたかさんが同じ組み合わせで所持しているのでちょっと期待して試奏してみました。

これ本当に、その値段でいいのですか?と言いたくなるような扱いやすさと響きが得られていてビックリしました。

ヤマハの管体って扱いやすいようにできてるんですね。ヤマハのもともとの頭部管も出していただいたので吹き比べるとちょっと物足りなさがあったところにFINDAの頭部管だとそれを完璧ではなくてもきっちり埋めてくれたような気がします。

これには、吹いててかなり悩みました。このコスパなら・・・しかし、今回予算は頭部管のみしか考えてなかったので組み直す必要があったため保留にて試奏は終わりました。


帰る前に、いろいろオプションやらフルートやら眺めてたら、プロテックのダブルケースが売ってるじゃないですか!
プロテック フルート&ピッコロダブルセミハードケース LX-308PICC(ブラック)
このダブルケース、ずっと現物見てみたいなぁと思っていて、置いてあったのでお願いして楽器を入れてみました。
きっちりフルートもピッコロも収まりました・・・これは・・・買うしか!!!

というわけで買ってしまいました。

大きさが、一般的なA4が入るブリーフケースサイズですので電車に乗るときとかとてもいいですね。
中身も結構ポケットやら掃除棒入れるスリットやらが入っていてアクセサリーを入れるのも便利です。
どうしても背負うタイプは好きじゃなくて手持ちがいいと思っていたのでこのサイズなら全然アリですね!

フルートバッグは、いままでフルート、ピッコロそれぞれのハードケースを入れられるバッグで入れていたのですが、これなら楽譜・アクセサリー・楽器オールインでしかも軽いので歩いて移動が多かったりすると重宝しますね。


最後に、余談ですがヤマハのフィネスも試奏してくればよかったなぁとちょっと後悔しております・・・
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re: 竹澤ピッコロ

> hyu - さん
初めまして、コメントありがとうございます。
竹澤ピッコロはやはり、高音を出すのに難があるんですね^^;
そして同じようなことを求めて楽器屋さんに行き、歴史は繰り返す・・・ですね(汗

歌口のリカットは考えてなかったですが、私としてはリカットはしたくないです。
リカット自体がかなりリスク高いですし、できれば製作者がいろいろ試して決めた仕様を変えるのもどうかと考えてしまって・・・考え方は人それぞれですからもちろん、リカットが悪いなんて言いません。

現在は、高音は100%当たるかと言われればもちろんダメですが、前よりはコントロールできるようになってきました。もうちょっとこいつと付き合って分かり合えたらいいなと思っています。

竹澤ピッコロ

竹澤ピッコロを検索していてたどりつきました。
私はタケザワのSSGを吹いています。
高音のコントロールに手を焼いており頭部管を交換しようと思いましたが素材とジョイントが合わず見つからなかったので、フルートマスターズさんで歌口のリカットをしてもらいました。
削ってしまうので、元には戻せないことは覚悟しなければなりませんが、びっくりするぐらい高音が楽になりましたよ。
プロフィール

レティ

Author:レティ
フルートとか吹奏楽とか気がついたことを書いてます。
フルート:F-9700RBE/PM(Pearl)VC頭部管14K金ライザー
ピッコロ:205EVR(TAKEZAWA)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
お問い合わせやメッセージどうぞ
こちらから当ブログへの問合せができます。コメントで書きにくいことやメッセージを送りたい方どうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。