スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クロスフィンガリングは難しい

皆さん、こんにちは。今日は、クロスフィンガリングについて取り上げてみようと思います。

私はもともと指回しにかなり難があるというかサボってきたせいで、かなり運指が弱いのです。

さすがにフルート歴10年以上なので、音階やアルペジオに際しての運指はほとんど苦にしません(と思いたいです)が、どうしても苦手なのはやはりクロスフィンガリングです。

クロスフィンガリングというのは、別々の指が押さえると離すを同時に行う運指を指します。
フルーティストにとって一番身近なクロスフィンガリングは、中音C-Dの運指です。
Cは、左手人差し指と右手小指を押さえますが、Dは全く逆でそれ以外を全部押さえます。この運指はフルート奏法の初期段階で一番難しい運指かと思います。安定しませんし、音を出すための管の長さがかなり違いますからね。
しかし、よく使うのでこの運指はある程度フルートができる人にはあまり苦にならなくなります。

同様に、E-Dis(ミとレ#)などもありますが、正規運指でないにせよ左手人差し指を押したままでもDis音が出たりするのであまり問題になりません。あまりと言っているようにこの正規運指を知らない人もたまーにいます。(つまり、中音のレ#=ミ♭を左手人差し指を押さえてる人を見たことはあります)

では、私の苦手なクロスフィンガリングはというとまずは高音域(・ω・`)
3オクターブ目のFとAは、左手の人差し指、中指、薬指を本当にクロスするように押さえたり離したりしますので早いパッセージでその繋がりがなかなか正確にできないことが多いです。言い訳ですが、リングキーに変えてから余計にそれは顕著になりました。
あとは、第2オクターブのB♭とGが結構鬼門です。ブリチャルディキー使えばもちろんそれほど難しくないですが、今度やる曲でそれを許さない部分(つまりHが入る)が多いため、最近はその運指をスムーズに行えるように練習時間の中でそれ用の時間も少し設けていたりします。

片手のクロスフィンガリングは割と同一神経束だからなのかスムーズな場合が多いですが、両手が絡むクロスフィンガリングはなかなか練習しててもうまくいかないことがあります。
しかし、嘆いていても上手くはならないので時間があるときにこれらの運指の練習もしっかりやりたいと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

レティ

Author:レティ
フルートとか吹奏楽とか気がついたことを書いてます。
フルート:F-9700RBE/PM(Pearl)VC頭部管14K金ライザー
ピッコロ:205EVR(TAKEZAWA)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
お問い合わせやメッセージどうぞ
こちらから当ブログへの問合せができます。コメントで書きにくいことやメッセージを送りたい方どうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。