FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピッコロの音程と音量

カテゴリはフルートですが、ピッコロの話です。

ピッコロを扱う上で、苦戦するのは最初は間違いなく音程かと思います。
フルートと比べると、アンブシュアを維持することが難しく、外気温や湿度ですぐに音程が変わってしまうので正直な話・・・ピッコロで完璧な音程を求めるのはかなり困難であります。
ピッコロはオーケストラの中で最高音を担当するわけでいろいろな倍音が重なり合う音域ですので、完璧な音程を求めるというより倍音に乗るということがとても大切なのではないかなと思います。

私が今課題にしていることに音量があります。
ピッコロは、吹いてる人ならわかると思いますが高音域は非常に息のコントロールが難しいです。音を小さく出そうとすると、まず音が当たらないことが多く、かといってしっかり音を出そうと例え気持ちは「mf」で出した音は、聞く人には「fff」に聞こえてしまうのです。
先日、木管トレーナーのレッスンを受けたときも指摘されました。楽譜上「fff」と書いてあり私はフルートと同じようにfffで吹いたら指摘されました。
周りとのバランスを注意してねと言われましたが、要は飛び抜けすぎてるからうまくコントロールしてねということでした。

もともと私自身割と音量がでるフルート奏者だと思っていますが、それも考えた上でピッコロを扱っていかなければいけないんだなと思いました。

ピッコロ1本でオーケストラをすべて置き去りにする可能性もあるくらい、ピッコロの音は化物なのでこれからも注意して演奏していきたいと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

レティ

Author:レティ
フルートとか吹奏楽とか気がついたことを書いてます。
フルート:F-9700RBE/PM(Pearl)VC頭部管14K金ライザー
ピッコロ:205EVR(TAKEZAWA)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
お問い合わせやメッセージどうぞ
こちらから当ブログへの問合せができます。コメントで書きにくいことやメッセージを送りたい方どうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。