FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フルートスワブとピッコロフラッグ

最近、フルートやピッコロのガジェットが充実してきてます。
というか、なぜ今までなかったんだぁぁぁ!!??という製品ばかり新しく出てきていて買ってみたのでレビューも兼ねて紹介したいとおもいます。

フルートスワブピッコロフラッグ

1.フルートスワブ
画像で言うと左側のフルート掃除棒に突っ込まれてる布がフルートスワブなのですが、これは使ってみたらとても良いものです。
フルートの掃除棒は、通常ガーゼや専用の内拭きクロスを巻いて使うのですがこのスワブ(クロス)は、掃除棒を突っ込むだけで非常に簡単にフルート内部の掃除が捗ります。先端側に布の余裕があるので掃除棒の先端で傷つけることもありませんし、頭部管内部の水滴も綺麗に拭き取ることができます。
値段もお手頃で1500円もあれば買えるので、買ってみてはどうだろうかと思います。ガーゼやクロスを巻く手間もないですし値段以上の価値があるかもしれません。
一応ネットで調べる感じだと永江楽器さんがよさそうですね。
http://www.nagae-g.co.jp/fs/inst/swb_kwb_fl

2.ピッコロフラッグ
画像でいうと右側(あ、鉛筆じゃないですよもちろん(笑))の物ですがこれすごくいいんですよ。
まず、ピッコロをもってる方はすごくわかると思いますが、ピッコロ内部の水滴がタンポを塞いでしまうことがあります。基本的に内部を丁寧に拭くことでそのような状況になり難いのですが、問題は今までのピッコロ掃除棒では頭部管を外して掃除棒を入れなければなりませんでした。そのため、組み立てたあとはまたピッチの調整が必要でしすし、曲中に掃除するならかなり間が空いてなければなりませんでした。
しかし、ピッコロフラッグはそれらの悩みをすべて解消してくれるであろう物です。
まず、画像のとおり、ピッコロフラッグは、長さがフルートの掃除棒くらいに長いのでピッコロの頭部管を外すことなく内部の水滴をすべてとることができます。また、先端のフラッグ部の布はかなり水を吸いやすい素材らしくかなり綺麗に拭き取ることができました。フラッグ先端の太さもなかなかベストな細さらしく、内部への挿入もそう苦労しませんでした。これなら曲中でもある程度休みがあれば拭き取ることも可能でしょう。
値段的には、正直高いと思うのですが定価で5400円だそうで買うのにちょっと尻込みしてしまう値段でしたが、買ってみて使ってみると5千円でも買ってよかったと思いました。
こちらも永江楽器さんで取り扱ってるようなので一応URLをおいておきますね。
http://www.nagae-g.co.jp/fs/inst/rod_gl_picflag
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

レティ

Author:レティ
フルートとか吹奏楽とか気がついたことを書いてます。
フルート:F-9700RBE/PM(Pearl)VC頭部管14K金ライザー
ピッコロ:205EVR(TAKEZAWA)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
お問い合わせやメッセージどうぞ
こちらから当ブログへの問合せができます。コメントで書きにくいことやメッセージを送りたい方どうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。