FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

演奏会を終えて・・・

先日、伊達管弦楽団の第6回演奏会が無事終了しました。
モルダウ、ばらの騎士、ドヴォルザークの7番と非常に名曲プログラムで演奏する側も聴く側もドキドキする演奏であったのではないかと思います。
特に、ばらの騎士はただの組曲ではなくオペラの抜粋という形で3人のソリストを呼びましたので、メインよりメインらしい感じになりました。いやぁ、人の声ってこんなに出るものなのだなぁと改めて実感・・・
私は、高校時代にも顧問が声楽の先生で演奏会で歌と合わせたことはありましたが、やはり歌は良いものだと改めて感じました。

演奏会全体を通して、自分の反省点としては・・・
シンフォニーの途中で体力が切れてきたのがすごく感じました。全曲で40分の曲で3楽章の途中でバテてきたと感じました。
長く吹いても音がブレないようにするのが一つ課題かなと感じました。まずは、スタミナをしっかりつけないとと…
今回、モルダウpicc、ばらの騎士3rd、ドヴォルザーク2ndと基本的にピッコロを使う位置にいたので持ち替えによるアンブシュアの崩れや発音の安定感が損なわれていたように思いました。
モルダウのピッコロは、知ってる方もいるとは思いますが8分ほど出番はなくいきなり、飛び出してくるので勇気をもって演奏するだけで神経がすり減りました(汗
ばらの騎士は、一番よくできたかと思います。ピッコロで外してはならないところはバッチリ出せましたし、我ながらなかなかよかったかと思います。
ドヴォルザークは、上記のとおりスタミナ切れが一番問題でした。2ndですらこれでしたから1stだったらもっとボロボロだったかもしれません(汗
録音を聴く感じだと、一部1stを追い越す息のスピードで演奏してたりで前回の演奏会に続けてちょっとそこを反省しなければなぁと思います。

次回は、メンデルスゾーンとエルガー。どれも難しい曲ですが頑張ろうと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

レティ

Author:レティ
フルートとか吹奏楽とか気がついたことを書いてます。
フルート:F-9700RBE/PM(Pearl)VC頭部管14K金ライザー
ピッコロ:205EVR(TAKEZAWA)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
お問い合わせやメッセージどうぞ
こちらから当ブログへの問合せができます。コメントで書きにくいことやメッセージを送りたい方どうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。