FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インターネット時代で起こり始めたこと

今日のエントリーは、ここ数年で起こっているネットを使った演奏会の形態変化について考察しようと思います。

今日、「プリマビスタ交響楽団(以下プリ響)」の演奏会に行ってきました。
リンクは貼っておきましたが、一応ざっと説明するとFFIXの曲を扱った非常設の交響楽団です。
演奏も今日一回限り(らしい)です。パンフレットによると、準備期間も含めて1年以上かけて実現した演奏会だそうです。
演奏会の内容としては、とても良かったです。ゲームを知ってる人はもちろん、知らない人も演奏者たちの意気込みを感じられる演奏でした。感想は、いろんなツイートやブログがあるでしょうから、この辺にしておきますが・・・

今回、感じたのはインターネットでの演奏者募集は結構進んでいるのかなと感じました。
プリ響は、まったく0の状態から奏者募集、合唱募集をかけて多少賛助出演はあったにせよほとんどが募集に乗っての演奏会だったのだと思います。
私が先日参加したオフ会も本来は(オフ会という名の)演奏会という形式をとる予定でした。いろいろ、問題が起こりあえなく演奏者のみオフ会という形にしてましたが、奏者はほぼ十分に集まっていました。
このような状況から鑑みると、ネットでの募集というのはかなり浸透してきてるのかなと思いました。
特に、あるテーマに沿った演奏会(ゲームやアニメなど)はかなり盛況なようです。

某音楽漫画の漫画内で「このオケには、音のベースとなるものがない(だったかな?)」というセリフがありましたが、その逆が出始めてるのではないかなと思います。

即席で集まったオーケストラではありますが、集まった理由の原点は共通の作品というある意味最強の音の下地を持って募集に乗っていると考えられます。その点では、例えオケの音のベースがなくても音を想像できるという最大の利点とも言えることができているのかなと思いました。

これからの時代はもしかしたら、一定の楽団で演奏するというのではなく、ある程度同じ目的を持った人を募集して演奏していくスタイルになっていくのかなと感じる今日の演奏会でした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re: タイトルなし

小樽さん、お久しぶりです!

確かにアニメの今の音楽は、すごく音が多彩で演奏でやりたくなる曲が多いですね。

最近は、知り合い見てるとホームの楽団+どこかのトラってパターンが確かに多い気がします。
まぁ、フルートのトラで呼ばれるってのはほとんどないですけどね(汗)
私は、運良くピッコロ持ってるためにオケに呼ばれて今の位置にいるだけで他に声がかかることはほぼないですね…

期間限定楽団は最近、あればなるべく応募しようとは思ってるのですが先着順であることが多いので結局ダメなことが多いですね。先日もアニメの演奏会への応募しましたが、1分未満の差で負けたりしましたし・・・
こういうのは、結構めぐり合わせだったりするので、もし考えてる募集があったら乗ってみるのも手かなと思います。

お久しぶりです。
最近、アニメ曲に特化したオケがあちこちでできてますね。
ガ○ダムSE○Dなんて、ホルストを思わせるようなブラスサウンドで、あまりアニメに詳しくない小樽でも、演奏したいなって思いますもん。

現所属楽団を辞めるつもりはないし、常時かけもちはしんどいし、外の世界は見てみたいけど、フルートにトラの声はかからんしっていうところで、期間限定の活動でその都度募集するスタイルの楽団は気になります。
プロフィール

レティ

Author:レティ
フルートとか吹奏楽とか気がついたことを書いてます。
フルート:F-9700RBE/PM(Pearl)VC頭部管14K金ライザー
ピッコロ:205EVR(TAKEZAWA)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
お問い合わせやメッセージどうぞ
こちらから当ブログへの問合せができます。コメントで書きにくいことやメッセージを送りたい方どうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。