スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

演奏会を振り返って - 伊達管弦楽団第11回演奏会 -

2/11に無事演奏会を終えることができました。

とても、いろいろ思うところがあったので書いておこうと思います。

交響詩「エン・サガ」(J.シベリウス)
この曲は、正直最初は好きになれませんでした。複雑なオーケストレーションで音楽の向かう先がわかりにくかったというのがありました。
私は、フルート2nd(piccolo)でしたが、なかなか曲に深い興味が持てませんでした。
しかし、題名のとおり「物語」として捉えて自分なりにストーリーを思い浮かべるとなんとも素敵な曲でありました。

交響曲第6番(J.シベリウス)
昔、7番(しかもオケデビュー曲)でやったこともあり、シベリウスに特別な感情がありました。
参考音源を聞いていくうちに、情景を思い浮かべストーリーを構築していきました。シベリウスは今までやってきた曲どれもストーリー性に溢れる曲ばかりだなと思います。
しかし、この曲は非常に悩みました。複雑だけど無駄が一切ない。その一音一音に大きな意味を感じ、それだけ私の心を悩ませました。本番直前のリハーサルまでも納得のいく演奏ができなかったのかもしれません・・・
本番の演奏を録音で聞きなおすとこんなにうまくいったのか!?と思う部分が多々あります。
リハーサルごとによくなったところもあればイマイチな部分もできてなかなか目指すところにたどり着けなかった感じはありました。
しかし、私はこの曲を通してまた一つ音楽を好きになれました。

交響曲第1番「冬の日の幻想」(P.チャイコフスキー)
この曲は、聞いた時点で非常に表現が難しくまた技術的にむずかしいと思ってしまい、なかなかちゃんと取り組めなかったです。元々、パートが4楽章のピッコロだけであとはフルートのアシスタントという形だったのも取り組み方がイマイチだった要因だったと思います。
しかし、ギリギリまでアシスタントながら曲ほとんどの部分を吹いていたため、それが本番で役にたちました。2ndの方が譜面を間違えたりしたときもカバーできました。
本業(って言い方はおかしいけど)、ピッコロは普段抑え気味だったものをほぼ全開で音を出すことになりピッコロ奏法の新しい一面を見た感じでした。ここまでffとfしかないのもある意味珍しいですからね(汗)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

レティ

Author:レティ
フルートとか吹奏楽とか気がついたことを書いてます。
フルート:F-9700RBE/PM(Pearl)VC頭部管14K金ライザー
ピッコロ:205EVR(TAKEZAWA)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
お問い合わせやメッセージどうぞ
こちらから当ブログへの問合せができます。コメントで書きにくいことやメッセージを送りたい方どうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。