スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フルート調整結果

マイフルート(YFL-714+soloist頭部管)が修理があがり引き取ってきました。

調整項目
ジョイント調整(足部)
タンポ交換(D)
タンポ調整(いっぱい)
キイフェルト交換
全体キイバランス調整


見てもらったときに指摘されてたのは、足部のジョイントと全体的なキーのメカ動作でしたが、自分でも知らなかったキーフェルトの交換とか地味にうれしいです。


その場で吹かせてもらいました。
気になってたA、Gis,Gの音色もよくなってたし低音域の音量がよくなりました。息をたっぷり入れて吹けたのでかなり良調整でした。
指回しもかなりスムーズに楽にまわせたので、キー自体の重さもあまり感じなくなったような気がします。

試奏室を結構ながく使わせてもらっていろいろな曲のパッセージなどやってみて、音のつながりもよくなったし跳躍もかなりおもうとおりにコントロールできました。

メンテ出す前は、爆弾を抱えたアスリートみたいな楽器でしたが今は安定した音を出せた気がします。

メンテ直後だから調子いいのはある意味当たり前なので、これからは気をつけて演奏していきたいですね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

レティ

Author:レティ
フルートとか吹奏楽とか気がついたことを書いてます。
フルート:F-9700RBE/PM(Pearl)VC頭部管14K金ライザー
ピッコロ:205EVR(TAKEZAWA)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
お問い合わせやメッセージどうぞ
こちらから当ブログへの問合せができます。コメントで書きにくいことやメッセージを送りたい方どうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。