FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

体の使い方を学ぶ

久しぶりの投稿ですね。ちょっとある本を読んでてそれが読み終わったらと思っていたので更新してませんでした。


ねこ背は治る! ──知るだけで体が改善する「4つの意識」ねこ背は治る! ──知るだけで体が改善する「4つの意識」
(2011/10/28)
小池 義孝

商品詳細を見る

このような本を読みました。
私は、生来からずっと猫背を指摘され続け、直そうと努力を何度もしては挫折してました。
今読み終わって、猫背は治ったか?と言われると本人の意識では治っています。ただ、周りからどう見られてるかはまだわかりませんが・・・

この本は、ねこ背だけじゃなくて呼吸法、重心、歩き方とかも載っているのですが、なかなか興味深くすぐ実践していこうと思いました。

知識として知るだけでここまで変えられるのか?と疑問はありますが、せっかくなので治ることを期待してます。


実はこの本自体は、ねこ背治療(本では治療とは言ってませんけど)のために買ったのですが、ちょっと前にある本を読んでかなり共通項があるなぁと思ったので合わせて紹介します。

フルート奏者ならだれでも知っておきたい「からだ」のこと―演奏家のためのボディ・マッピングフルート奏者ならだれでも知っておきたい「からだ」のこと―演奏家のためのボディ・マッピング
(2010/12/20)
リー・ピアソン

商品詳細を見る


こちらの本です。まだ、この本は読みきれてないのですが、この本に書かれている姿勢は、猫背の本と共通するものがありました。結局、バランスなどの関わることなのである意味当然といえば当然・・・

楽器演奏だからといって特別な姿勢はいらないと感じさせられました。

昔、私はコルネットをやっていたのですがその頃は椅子は浅く座るように言われ今もそれのせいか無意識に浅く座ってしまいます。いや、浅く座ること自体に問題はないのですが、バランスを崩してまで浅く座っていたのです。

実際は、坐骨でしっかり安定させることが需要だと、双方の本に書いてあります。


フルート奏法はもっと深く読み込まないといけないですが、まずは「ねこ背は治る!」の本を読むことをお薦めしたいです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

レティ

Author:レティ
フルートとか吹奏楽とか気がついたことを書いてます。
フルート:F-9700RBE/PM(Pearl)VC頭部管14K金ライザー
ピッコロ:205EVR(TAKEZAWA)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
お問い合わせやメッセージどうぞ
こちらから当ブログへの問合せができます。コメントで書きにくいことやメッセージを送りたい方どうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。