スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラは、442Hz?440Hz?

基準音A[実音ラ音]のピッチは、440Hzです。

これは世界的な基準であり、西洋的な音階を作るだけでなく日本音階などでもこれが基準となってます。


しかし、吹奏楽においてA音は、442Hzに合わされてます。


これは、吹奏楽コンクールで使用するピアノが442Hzにチューニングされていることや普段の合奏で一般的な楽団は442Hzにチューニングしてることをみても明らかです。
更に、一般的な管楽器の調整がA=442Hzが多いことも挙げられます。(近現代のフルートにおいてはA=442Hz以外のフルートはほぼないと言ってもいいくらい)

この差2Hzにはどんな意味があるのか?


まず、デジタル的に2Hzはどれくらいの差かというとチューナーでA=440に合わせたチューナーにおいて442Hzの音を出すと8centの違いです。単純に考えれば4cent=1Hzといった具合です。

そもそも、442Hzがなぜ流行ってるか?それは、440Hzに比べて明るいという非常に感覚的な問題だったりします。

そりゃ、聴き比べれば周波数が2Hz高ければ明るく聞こえると思いますよ。音が高いんだから(笑)



私は、別にA=440Hzが絶対とは思ってません。しかし、442Hzが当たり前のようになってる現代の吹奏楽界は如何なものなのか?と思うところがあります。

ついでにちょっと、フルートのピッチについて。

私が442Hzに合わせるとき、フルートのチューニング管の抜き具合は6mmくらいです。これは、気温や湿度に関係なくほぼ確定でその辺です。多少環境で2mm程度抜いたり入れたりしますが基本はそこから外しません。

それ以上に抜かないと合わなかったり入れないと合わないのは、楽器の調整が悪いと思ってます。

もともと設計の時点で、442Hzに合うように作られてるのですから、そこから逸脱したチューニングには普通ならないので。


ついでに、ピッコロに至っては私が抜くのは最大3mmです。ピッコロが単純にフルートの半分だからってわけではないですが、やはりそこが限度です。5mm以上抜いてしまって合わせる人はちょっと奏法を再確認する必要があると思います。

フルートもピッコロも奏者によってアンブシュアが違いますしアパチュアの大きさも違いますから一概に言えませんけど、あまりに抜きすぎるのは結果的に楽器全体のバランスを崩しますし、安定した演奏にはつながらないと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

レティ

Author:レティ
フルートとか吹奏楽とか気がついたことを書いてます。
フルート:F-9700RBE/PM(Pearl)VC頭部管14K金ライザー
ピッコロ:205EVR(TAKEZAWA)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
お問い合わせやメッセージどうぞ
こちらから当ブログへの問合せができます。コメントで書きにくいことやメッセージを送りたい方どうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。