FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

音程コントロール

今日、練習でだいぶ苦しみましたのでちょっと触れてみようと思います。

楽器の特性か調整不足か今日は高音域のピッチに苦しみました。
うちのマエスタ…というか私の吹き方が悪いのか第三オクターブのEs,Fの音程が高くて結構苦戦しています。
高めになってしまうとわかっているので、必死に下げようといろいろ小細工してるのですがそれでも下がりきらなくて他の楽器とのユニゾンで音の濁りを感じるのですがそれでも限界を感じてます(汗

今月中に、フルートとピッコロの点検を行いたいところですが・・・


フルートは苦戦してるのですが、意外とピッコロは大丈夫なんですよね。
勝手に僕が大丈夫だと思ってるのかもしれませんけど、フルートより音程を動かすという点ではピッコロの方が優れてます。
ピッコロの方は約1年付き合って、だいたいの音程を把握してるのもあり合奏中ではフルートよりピッコロのほうが音程合わせしやすい気がします。ずれてしまっても周りの音をよく聞けばなんとかなるくらいにはなってるかな?と思います。


フルートも音程を動かしやすい楽器であるはずですが、うちのフルートはちょっとそういうのが得意じゃないのかある程度決まってしまってて僕の技量が未熟な部分もありますがコントロールが難しいです。

とはいえ、714+パウエルsoloistはコントロールのよい楽器なのでやはりマエスタとはまだまだ対話する必要があるのかな?と感じます。
スポンサーサイト

テーマ : 吹奏楽
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

>たかさん
コメントありがとうございます。

> ③頭部管の反射板の位置がずれている。

なるほど。反射板はちょっといじってしまってるのでこれは否定できません。それに購入時が夏ですので温度や湿度の差で動いてる可能性もあるかなと思います。
コルクを変えるのも手ですか。治らなかったらちょっと考えてみます。

とりあえず、月末にやっと調整に行く見込みができたのでそのあとちょっと考えてみようと思います。

No title

こんばんは。第3オクターブの音程のコントロールは苦労しますよね。考えられる原因は、

①ヤマハとの音程のクセの違い。
②マエスタのキー調整不足。
③頭部管の反射板の位置がずれている。

レティさんがお考えのように①か②の可能性が高いのですが、③もあります。
反射板だけでなく、コルクを換えるだけでも良くなる場合があります。
新品といえども、コルクにも個体差があります。
私のマエスタも高音域の音程が上ずる時がありましたが、
コルクを換えたら直りました。
キーバランスもOK、反射板もOKだったら、あとはコルクかもしれませんよ。

プロフィール

レティ

Author:レティ
フルートとか吹奏楽とか気がついたことを書いてます。
フルート:F-9700RBE/PM(Pearl)VC頭部管14K金ライザー
ピッコロ:205EVR(TAKEZAWA)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
お問い合わせやメッセージどうぞ
こちらから当ブログへの問合せができます。コメントで書きにくいことやメッセージを送りたい方どうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。